自己破産デメリット体験談.com|失敗しない自己破産

*

自己破産のメリット・デメリット

メリット デメリット
支払い義務が免除される 最大10年は借入できない
支払督促が止む 官報へ掲載される
借金リセットですっきり 全ての財産を手放す
将来への希望と可能性が広がる 最大10年クレカが作れない

+α 自己破産のデメリット
クレジットカード・ETCカードが作れない
住宅ローンが借りられない
賃貸物件の契約ができない
婚活では死活問題に発展する
自己破産しても借金が無くならないケースも

「自己破産」は最後の砦

借金が多くなり、返済が滞りだすと、途端に現金がなくなりどうにもできなくなる辛さを味わい事になります。
借金の督促は激しいものではなくても、電話がなるだけでドキッとしますし、常に精神的な負担を感じるというストレスをかかえて、日々を過ごすようになります。

何とか借金から自由になりたい。督促に怯えないように、堂々と日々を過ごしたいと思うことでしょう。
そのような生活をしている方の内、自己破産について考えている方も多いことでしょう。

自己破産は借金問題解決において、最後の砦と言われていますが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?


良いことばかりではない自己破産

自己破産の申請をして、裁判所に免責が認められれば、晴れて自由の身になれます。
しかし、本当に自己破産以外に選択肢がないのか?よくよく専門家に相談しつつ、複数の選択肢を比較することが大事になってきます。

たった一人の弁護士や司法書士だけに頼ることは、判断を謝ることにもなりかねません。
やはり、借金問題に精通した専門家、弁護士や司法書士が必要です。

離婚専門の弁護士に、借金問題を相談しても、あまり良くないことは誰でも分かるでしょう。

自己破産は、強力な法律なので、確かに借金問題は一気に片付きます。
面倒で、うっとうしかった督促からも、自由になれるでしょう。

しかし、自己破産は万能の杖ではありません。いいことばかりではなく、デメリットも存在することをきちんと把握しておくと良いでしょう。

特に周りに知られたり、家族や友人に迷惑がかかることはありません。
しかし、5年から10年という長期間に渡り、社会的に与信行為が行われなくなります。

平たく言うと、ローンや借入など、金融機関からの与信が行われないということです。
手持ちの現金が、財産の全てになります。

これらのデメリットを鑑みた上で、どうしても借金問題で行き詰まっているとすれば、自己破産はやむなしという判断になるでしょう。あなたの人生において重大な節目になる自己破産。

いい加減に判断せずに、複数の専門家に相談して、間違いがないようにしたいですね。

本当に自己破産が必要?セカンドオピニオンで比較

セカンドオピニオンで比較

自己破産を覚悟したのなら尚更、今一度しっかりと借金問題の専門家を、複数比較してみましょう

あなたの借金問題を、無料&匿名でシュミレーションしてくれるサイトがあり、そのまま複数の専門家に相談できる仕組みなっています。

自己破産は時間もお金も必要なので、しっかりとその必要性や、価格も比較して見極めたいですよね。
1分〜2分で簡単に終了しますので、ご自分の人生ですから、間違えた判断をしないよう比較して下さい。

今なら無料相談!
  • 【自己破産デメリット】ETC・クレジットカード作成

    001.jpg自己破産すると、どのようなデメリットがあるのか?戦々恐々としている方は、割りと多くいるのではないでしょうか?

    デメリットの一般論ではなく、自己破産経験した私が、デメリットについてお教えします。
    具体的なデメリットとして、自己破産の全体像が見えてくるのではないでしょうか。

    高速道路料金支払いのETCカードが作れない

    自己破産したとしても、安い中古車は20万円ぐらいで購入できますから、すぐに車が必要な方は、お金をやりくりして購入することができます。

    そして、その車で高速道路を利用する際、自己破産者はETCゲートを通過できません
    なぜならば、ETCカードが作れないからです。

    片道だけで、高速道路へ入る時と出る時の2回、人間が応対してくれる一般ゲートを通過する必要があります。
    帰りも高速道路を通ると、合計4回も一般のゲートを探して通過する必要があり、とても面倒です。

    なぜならば、ETCゲートは数が多く、一般ゲートは数が少いためです。

    ETCカードが作れない仕組みをお教えしましょう。

    クレジットカードが作れない

    自己破産者はクレジットカードを作ることができません。 ひとによって違うのですが、おおむね5年~10年間はクレジットカードを持つことができません

    ETCカードは、必ずクレジットカードに紐付いている決済システムです。
    そのため、クレジットカードがないということは、イコールETCカードを所有できない、ということになります。

    ETCパーソナルカードという、クレジットカード不要のカードもあるのですが、デポ(保証金)4万円が必要だったりと、かなり面倒な仕組みで、事実上ETCを使えないのと同じです。

    つまり、自己破産者は喪明けまで、ETCカードを所有できず、高速道路では、一般ゲートを通過し、その都度、料金をお財布から出して現金で支払う必要があります。

    ここで、こんな声が聞こえてきそうですね。
    VISAデビットカードがあるじゃないか、っと。

    高速道路ではVISAデビットは使用不可

    ETCカードと紐付ける決済機能として、VISAデビットは使えないのは当然です。 そのようなETCカードが存在しないからです。

    さらに、一般ゲートでの支払いを考えた時も、VISAデビットは使用できません。
    私は楽天銀行のVISAデビット、スルガ銀行のVISAデビットの両方を、高速道路利用時の決済に使おうと思ったことがありましたが、決済端末で認証できず、現金で支払った経験があります。

    後から調べると、高速道路の支払いにVISAデビットは使えないそうです。
    残念。。。

    自己破産のデメリットはETCカード使用不可

    長くなりましたが、自己破産することのデメリットとして、ETCカードを利用できず、高速道路では一般ゲートを現金支払で通過する必要が有ることを、お教えしました。

    ETCカードだと便利なのですが、全て現金で支払い、お釣りを財布にしまう。とても面倒な行動ですが、仕方ありません。

    早い方は5年で使えるようになるでしょう。最大10年経過すれば、自己破産者でもETCカードを利用できますので、じっくり時間が経過するのを待つしか無いですね。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産デメリット】住宅ローンが10年借りられない

    002.jpg自己破産のデメリットはいろいろとありますが、一番大きなデメリットの内の一つは住宅ローンです。
    一般の人でさえも、きちんとした購入と返済に見合う収入が吊り合わなければ、住宅ローンの審査に通るのは難しいでしょう。

    ましてや、自己破産経験者となると、さらに難しいのは素人目にみても明らかです。

    多くの場合は10年経過後の審査に

    クレジットカードなど、審査が軽いモノであれば、早い方は5年でクレカの審査を通り、クレジットカードを持つことができるようです。

    しかし、住宅ローンでは2,000万円~4,000万円と大きな金額になるため、クレジットカードほど簡単ではありません。

    自己破産時の金額や、銀行の考え方、今稼いでいる金額によって年数は異なるようですが、住宅ローンとなると10年間は審査を通らない可能性が高いようです。

    自己破産後7年で住宅ローンの審査を通過できた、という方もネット上を見るとお見かけしますが、非常に少数のようです。

    信用情報から事故情報が消えた後に審査

    住宅ローンで重要なのは、個人信用情報から、金融事故情報が削除されているのか?という点です。

    これは、個人信用情報期間に情報開示請求を行い、金融事故情報(ブラック情報)が削除されているのを確認して、住宅ローンの審査を試すのが良いでしょう。

    やたらと住宅ローンの審査を依頼してしまうと、審査落ちの記録が残ってしまい、次の審査時に不利になる可能性があるからです。

    自己破産はできればしないで済ませたいですよね。誰でも、いずれは住宅ローンのお世話になり、人生設計上、家を所有することを理想としているのではないでしょうか。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産デメリット】賃貸アパート・マンションの契約ができない

    003.png自己破産のデメリットで、割と気づかない項目は、賃貸契約がし難くなる、ということです。
    もちろん、全くできない訳ではないです。

    条件がそろえば賃貸契約はできますが、条件がマッチしないと、何時までたっても契約できず、途方に暮れる可能性があるから注意が必要です。

    私の体験談なので、実際問題として正しいのかは不明です。ご参考までに。

    アパート・マンション賃貸契約の審査について

    自己破産した人が怖がるのが、審査という言葉です。自己破産すると、だいたい審査というものに通らない、落ちてしまう可能性が高いからです。 ドキドキしますよね、審査って。

    アパート賃貸契約の場合、入居審査には、2つたのタイプの会社があります。

    ・信販系保証会社
    ・家賃保証会社

    信販系の保証会社の場合は、個人信用情報の履歴を参照するので、金融事故情報(ブラック情報)があると、入居審査をまず通りません。

    そのため、信販系保証会社の物件アパートは、自己破産者では入居できないということになります。

    対して、家賃保証会社のほうは、入居審査がゆるいのと、個人信用情報を参照しません。
    そのため、自己破産者のように、個人信用情報のブラック情報があっても、問題ありません。

    保証会社は物件により異なる

    そもそも、賃貸物件毎に保証会社が違っているようで、その情報は公開されていないので、不動産会社へ質問するしかありません。

    事前に、自己破産経験者なので、入居審査が難しいのでは?っと、内情を相談しておけば、あなたに見合った物件を紹介してくれるようにするはずです。

    このように自己破産すると、賃貸アパートが借りにくくなるなど、思わぬデメリットも発生します。
    自己破産するかどうかの判断は、きちんと専門家に相談して決定したほうが良いですね。

    もちろん、複数の専門家に相談、という意味です。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産デメリット】信用情報ブラックの回復に5年〜10年

    -index_il04.jpg自己破産のデメリットで、一番メインになるものが、個人信用情報機関への金融事故情報の登録です。
    いわゆるブラック情報の掲載と言われているものになります。

    このブラック情報が掲載された個人信用情報は、金融機関から審査を通して参照され、与信行為を断わられる原因となります。

    つまり、過去の金融事故情報が存在すると、お金を借りる事ができない、という意味です。
    これが、自己破産のメインとなるデメリットです。

    3つ存在する個人信用情報機関について

    個人信用情報機関は、主に3社あります。 それぞれに特徴がありますので、みていきましょう。

    ▼CIC(シー・アイ・シー)
    主にクレジットカード会社が加盟している、個人信用情報機関です。
    銀行系や信販系、流通系などです。

    ▼日本信用情報機構(JICC)
    主に消費者金融系が加盟しています。消費者金融のクレジットローンを使ったことがない方は、自己破産と関連がないということになります。

    ▼全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
    銀行系のクレジットカード会社が主に加盟しています。

    これら3社は相互交流ネットワークで通じていて、適正な与信について判断できます。
    自己破産時に対象となった金融機関が、これら個人信用情報機関に加盟しているのかが、重要です。

    加盟していない個人信用情報機関であれば、ブラック情報は掲載されないようです。

    5年から10年でブラック情報削除

    CICとJICCは、ブラック情報掲載から削除までは、5年間の保持となっています。 全銀協だけは、官報の事件番号が登録される仕組みです。

    自己破産者の官報への掲載は、10年間です。
    つまり、個人信用情報機関の中で、全銀協だけは10年間はブラック情報が削除されません。

    繰り返しますが、CICとJICCの加盟会社の債務で自己破産ということになれば、全銀協は関係ありませんから、ブラック情報の削除まで5年ということになります。

    個人信用情報が大事な理由とは?

    個人信用情報にブラック情報が掲載していると、色々と困ったことが多くなります。 主なお困りをリスト化してみましょう。

    ・金融機関でお金を借りることができない。
    ・住宅ローンが組めない。
    ・クレジットカードが作れない(ETCカードも不可)
    ・賃貸物件の入居審査がNGとなる可能性がある。

    最大10年経過すれば、ブラック情報は削除されますので、問題ありません。
    自己破産してから、10年間はなにかとお金がらみでは、不自由なことが有るかもしれませんね。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産デメリット】借金が無くならないケース

    creditcard_syakkin.png自己破産を申請しても、免責不許可事由により自己破産できない場合もあります。
    自己破産のデメリットとは少し意味合いが違うかも知れませんが、自己破産に興味があり、情報を収集しているならば余計に、知っていおたほうが良いでしょう。

    免責決定とは?

    自己破産において何より大事なのは、自己破産を申請することではなく、裁判所から「免責決定」を受けることです。 意外に知らない方が多いようです。

    「免責決定」とは、「借金の支払い義務がなくなる」とイコールです。
    単に自己破産を申請するだけでは、借金はなくならないのですね。

    では、どのような場合に、免責不許可事由により、返済義務がなくならないのでしょうか?
    法律では破産法252条1項を参考にすると良いでしょう。

    破産法252条の1項

    破産法を見ると、次のように記載されています。

    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html

    裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

    かいつまんで引用してみましょう。
    以下の条件があると、自己破産できないことになります。

    ・財産の隠蔽
    ・換金など不利益な財産の処分
    ・偏った不平等な返済
    ・ギャンブルや遊興費などによる財産の減少
    ・信用状態を偽って借入

    などなど、全てではありませんが、このような項目があります。

    誰でも自己破産できるわけではない

    前章のような免責不許可事由があると、借金の支払い義務が消えません。 つまり、自己破産できません。

    ご自分のケースで、免責不許可事由がないのか、きちんと専門家に確認してから自己破産の選択肢を考えたほうが良いでしょう。

    そのためには、まずは匿名での無料相談を試すのが最良の選択肢です。
    具体的な話しは、相談後に進むべき道を決めてからでも遅くありません。

    借金の返済は、自己破産や任意整理、特定調停など色々なケースがありますので、自分はどれがマッチするのか把握しておいたほうが良いですね。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産デメリット】婚活でお相手へマイナスイメージ

    0012.jpg結婚がまだで、これから婚活するという方は、自己破産の可能性があるとすれば、あなたが想像している以上に大きなデメリットになる可能性があります。

    特にあなたが男性の場合は、自己破産という事実があり、10年間の喪明けが済んでいないと、女性から「自己破産者」という理由から、結婚を断られる可能性があります。

    女性が自己破産者の場合は、そもそも結婚で女性は収入を期待されていないので、特に大きなトラブルなることはないでしょう。

    そして、本人同士があまり気にしていなくても、女性側の親は、自己破産者のあなたとの結婚に否定的で、猛反対される覚悟が必要です。

    婚活で自己破産経験者という事実を隠した場合

    自己破産という事実がトラブルになるのであれば、いっそのこと相手に隠しておこうか、と考える方もいるようですが、オススメできません。

    なぜならば、いつかはバレる日がくるからです。
    嫌な情報は最初に出してしまい、それでダメになる婚活なら、ご縁が無かったとあきらめがつきます。

    しかし、結婚直前まで進んでしまい、ギリギリのところで自己破産の話しから離縁になったとしたら、立ち直れないぐらい落ち込むことになるでしょう。

    また、時間的経済的な損失を考えると、そんな無駄なことをしたくはないはずです。
    さらに、結婚後に自己破産のことがバレて、離婚になる可能性もあります。

    繰り返しますが、嘘をついて(情報をコントロールして)相手を騙すことは、人としてやってはいけないことだと思います。

    もし、逆の立場だったらと考えて、お相手には誠実に接するべきでしょう。

    自己破産がバレるとき

    自己破産は黙っていれば、誰にもわからないものです。 しかし、いつどのようにしてバレるのでしょうか?

    ・興信所経由の弁護士が官報を参照
    ・クレジットカードを持っていないことを怪しまれる
    ・ETCレーンを使わないことを怪しまれる
    ・住宅ローンの審査が通らない
    ・賃貸物件の入居審査で落ちる

    など、色々なケースが考えられます。
    もちろん、自己破産を隠す前提でバレるかどうかという考えではなく、どうせいつかはバレるから、隠しても無駄ですよね、という意味です。

    婚活で親に反対される

    婚活でお互いに価値観があい、仲良くなったとします。 結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーで出会っているので、結婚の話が話題になるのは早いでしょう。

    しかし、当人同士が結婚を進めたいと思っても、想像以上に親が反対するケースも有ります。

    やはり親心としては、自己破産者の男性と結婚するというのは、できれば回避したいと考えるのでしょう。
    先行き、娘には苦労させたくないという愛情から、大反対するのだと思います。

    簡単に自己破産を考えると、このように思いもしない人生の壁に打ちのめされる可能性もあります。
    複数の専門家にしっかりと借金の相談をして、それから自己破産を考えてみるべきでしょう。


    今なら無料相談!

  • 【自己破産しました】債務20億円だった!私の自己破産体験談

    1436598212.png自己破産といっても、各人いろいろなケースがあると思います。
    つたない事例ですが、私の自己破産体験談を簡単に書いてみますので、ご参考にして下さい。

    私自身、サラリーマンではなく、自営業の家に生まれ育ちました。
    ですから、小さい頃からわりと経済的に余裕がある家庭で育ったと言えます。

    ある時から、仕事の量が減少して行き、現金がみるみる不足して、会社が傾いて行きました。

    債務額は約20億円

    同族企業ですから、家族はそれぞれ会社の役職者となっています。 私は後継者として、銀行関係の借り換えの際、全ての借入金について連帯保証債務の捺印をしていました。

    当然、会社が廃業すると、銀行は連帯保証人に対して、債務の一括支払いを求めてきます。
    でも会社の債務20億円なんって、個人が支払える訳ないですよね。
    それで、会社がなくなったあと、自己破産を決断しました。

    自己破産しないと、将来がない人生に

    会社の債務20億円の連帯保証人になっていたのですが、自己破産しない場合は、どのような事が考えられるのでしょうか?

    債務者(銀行)から、借金を返せという督促が、たびたび来ることは当然です。
    一度来店し、返済計画を聞かせて欲しい、などです。
    しかし、20億円の返済計画って、一生返済していることになりますよね。

    それに、銀行口座に入金されたお金は、たびたび差し押さえになり、銀行に持っていかれるということが続発するので、銀行口座へお金を入れておく事ができなくなります。

    さらに、車や家を所有できる経済的基盤を作ったとしても、すぐに債権者から差し押さえられてしまい、現金化されるでしょう。

    となると、一生涯、20億円の奴隷になるわけです。
    そんな人生は誰でも嫌でよね。結婚もできない。子供も育てられない。

    だからこそ、人生をリセットすべく、自己破産の決断をしました。

    自己破産は弁護士に依頼し100万円

    個人の債務というわけではなく、法人の連帯保証債務なので、複数箇所から借入があります。 それらを紐解き、書類を作成するので、自分ではできないため、弁護士に依頼しました。

    結構な分厚い書類をいくつも作成していましたので、大変だなーっと他人事のように感じていました。
    弁護士費用は100万円ほど。

    3年間の分割支払で、完済しました。普通、弁護士は分割支払などは受け付けないようなのですが、昔からの知りあいだったので、分割にしてくれたようです。

    100万円の投資で、20億円の借金が消えたので、安いものです。

    免責決定を行う裁判官との面談

    自己破産は、自己破産の申請をすれば誰でも借金の支払い義務がなくなるわけではありません。 いわゆる、免責決定と言われるものです。

    免責決定がなければ、借金は残ります。
    免責決定をするためには、担当裁判官と裁判所内で、面談をして色々と質問されます。

    私の場合は、自分で借りたお金ではありません。
    全て法人の連帯保証債務です。

    そのため、裁判官は書類を見ながら、これなら仕方ないですねっと、1分ほどで面談が終わりました。
    特に質問されたという記憶もありません。

    その後、免責決定が行われ、晴れて自由の身になったんです。

    督促状の送付がピタリと止まる

    自己破産以前は、たまにですが、金融機関から督促状の郵送物がきていました。 何となくですが、そういうのを見ると、気が重くなりますよね。

    ところが、自己破産したと言う弁護士通知を各金融機関に通達しますので、郵送物はピタリと来なくなります。

    私のように20億円という大きな金額であれば、迷いなく自己破産を選択するのでしょう。
    しかし、個人の借金だと自己破産するべきか、迷う人は多いでしょう。

    そんな時は、弁護士など、金融に詳しい専門家に相談するのが一番です。
    やはり餅は餅屋で、プロは色々な情報を持っていますから、プロに相談しましょう。

    借金相談のプロに無料でしかも、匿名で相談できることをご存知でしょうか?
    まずは、試しに使ってみると良いです。


    今なら無料相談!